Skip to content

白菜の持つ【健康と美容】その効果を徹底解明!

成分の約95パーセントが水でできている、と有名な白菜。

「栄養なんかほとんどないんじゃないの?」と誤解されがちで可哀想な野菜ですが、実はその白菜の持つ薬効は歴史も古く、先人達には進んで食べたい野菜として受け継がれているのでした。

健康面はさることながら、女性に嬉しい美容成分や美白効果も沢山含まれているので、今日はその白菜についてまるっとご紹介していきたいと思います!

がんの予防効果はダントツ!

がん予防に効果が高いとされている野菜の一つとされているのですが、その理由は「グルコブラシシン」という成分。
グリコブラシシンは食事から摂取をすると、なんと抗がん作用を持つ成分に変化するのです。

乳がん細胞や前立腺がんの細胞が増殖するのを抑えてくれる効果もあり、がん細胞を直接的に殺す作用も持っています。
他にも食物繊維は胃腸を整えてくれる作用がありますから、胃腸に関するがんを予防する効果も期待されています。
食べることによって様々ながん予防や治療ができるとして注目されている成分なのです!

美白・美肌効果は海を越えてトルコでも話題になる

ビタミンCが豊富なのですが、このビタミンCはシミの原因となるメラニン色素の生成を防いだり、紫外線からお肌を守ってくれるため、美白効果があるとされています。

抗酸化作用もあるのでニキビ予防や、ニキビ後の色素沈着を抑えてくれる効果があるのでニキビ後もきれいに治るのです。
他にも毛穴を引きしめキメを整えたり、代謝を促進してくすみをとる効果が知られています。
なので、トルコでは美容のための民間療法として、白い部分をすり潰したものを顔にのせるパックがはるか昔から伝えられているそうですよ!

糖尿病や高血圧などの生活習慣予防にもバッチリ!

意外にも糖尿病にも効果があるとされていて、糖尿病の方むけのレシピでは常連メニュー。
まずは、インスリンの働きを良くし、糖と脂質の代謝を上げてくれるマグネシウムが含まれています。
その他にも、カリウムは摂りすぎてしまったナトリウム(ここでは塩分と思ってください)を体外に排出してくれる作用があるので、糖尿病の合併症に繋がってくる高血圧を抑えてくれる効果があるのです。

二日酔い・悪酔いに効果を発揮!

お酒を飲んだときのほてり、喉の渇き、その後の胸焼けや気持ち悪さって本当に困りますよね!

お酒を飲み、肝臓がアルコールを分解する時に熱を発生させるそうですが、その熱を下げる効果があるのです。

アルコールによって胃腸に溜まってしまった余分な水分も尿として体外に出してくれる他、95パーセントが水分のため喉の渇きも緩和してくれます。

お酒の毒も出してくれるので、二日酔いや悪酔い予防にうってつけの野菜ですが、生で食べるのが一番最適だとか。

カロリーが少ないからダイエットの心強い味方となる!

カロリーがたったの約14カロリーしかないのでダイエットしている方には優秀な野菜といえるでしょう。

炭水化物を摂らなくてすむお鍋や、豚肉と交互にミルフィーユ状にして煮込んだり、鰹節とポン酢をかけただけでもおいしいので、色んな食べ方の工夫もでき便利ですよね!

問題は、ほとんどが水分でできている為あまり腹持ちしないということと、食欲増進の効能もあるので、ついつい他のものを間食してしまわないように注意が必要という点・・・。

肥満になってしまう理由の一つは、間食ですものね。間食するにしても、その間食するものを慎重に選ばなきゃいけないという欠点はあるかもしれません!?

白菜って実はこんなに健康に役立つ野菜だったんですね!

もともとは冬の野菜なので冬の方が甘みも増しておいしいですが、それでも現代は年間通していつでも手に入れられる食材です。
これを機に、積極的に食卓にとりいれてみるのはいかがでしょうか?