Skip to content

白菜の持つ栄養を何倍にもする食べ方あります!

何を食べるにしても、基本的にはそれ一品のみということはなく何かと一緒に食べることがほとんどかと思いますが、その組み合わせ次第で、実は単体で食べるよりも何倍もの効果を発揮するんです!

逆に、食べ合わせが悪いとせっかくの効果を打ち消しあってしまう場合もありますので、栄養を効果的に摂る食材をご紹介していきたいと思います。

がんの予防

最近がんの予防や治療で話題の白菜ですが、その効果をさらにアップさせる食材は【ごぼう・しいたけ・にんにく】が有名です。

二日酔い・肝機能向上

がん予防と共に効能で知られているのは二日酔いへの効果。
これには【柿、大豆、鶏肉、削り節】が食べ合わせが良いとされています。
白菜は生のまま、柿と一緒にサラダにして食べるとおいしいですよ!
実は、生で食べるのが一番栄養分の効果を発揮するので、ぴったりですね。

高血圧、動脈硬化の予防

カリウムが含まれているため、単体でも高血圧予防に効果を発揮しますが、さらに効果アップを図るなら【こんにゃく、ふき、セロリ、昆布】が良いようです。
白菜ととろろ昆布のお味噌汁や、セロリを一緒に浅漬けにしたりするとおいしいのでおススメです。

これはNG!食べ合わせの悪いもの

レバーと一緒に食べるのは実はよくありません。
レバーが白菜の持つビタミンCを酸化させてしまう働きがあるのです。
せっかくのビタミンCの美容効果や免疫力アップ効果がなくなってしまうので、レバーと一緒に食べるのは避けたほうが良さそうですね。

キムチは栄養の宝庫!

上にも記載しましたが、実は生で食べるのが一番栄養を摂取しやすいのです。
となると、サラダだったり漬物が一番効果があるのですが、中でもキムチは最強かつ理想の食べ方!

生+にんにく(がん予防)+唐辛子(ビタミンCの作用を促進)などなど、上げたらキリがないですが、健康・美容ともにとても効果的な食べ物だったんですね。

ただし、生で食べるのが効果的とは書きましたが、食べすぎは甲状腺の機能が低下したりと逆に身体を悪くしてしまうようなので、そればっかりを食べないように注意してください。

なんでもそうですが、ほどほどが一番なので、普通の量を食べる分には生で食べるのは全く問題ないので安心してくださいね。

せっかく食べるのであれば、こんな風に食べ合わせなんかも意識してみると身体に良さそうですよね!